今回は横浜市鶴見区の戸建ての住宅からあったトイレつまりの依頼をご紹介させて頂きます。

 

トイレが詰まってしまった。

普通に使っていたので、何か物を落としたりもしていない。

家族が多くトイレが使えないと困るので、なるべく早く来てほしい。

 

上記のような内容で依頼を受けてから、約30分でお客様宅へ到着しました。

 

特に水に溶けない異物などは落とされていないということで、まずは汚物やトイレットペーパーが原因の場合に効果のある業務用の薬品作業をしました。

この薬品は硬い汚物やトイレットペーパーを柔らかくして水に流れやすくすることができます。

軽度のつまりであれば、この薬品作業で直すことができます。

 

薬品をトイレ(便器)の中に入れ、少し時間をおき待ってから(この薬品は即効性のある薬です。)流水で水の力も加えてみたのですが、つまりは改善されませんでした。

このような場合は、次に業務用の強力な圧力を加えることのできる機材を使います。

トイレ(便器)の中に機材を入れ、密封状態にして水圧をかけていきます。

特に溶けない異物を落としたりしていなければ、ここまでの作業で詰まりが解消されることがほとんどです。

 

圧力をかける作業を何度か繰り返したのですが、今回はつまりが抜けず水位も下がっていきませんでした。

ここまでの作業で詰まりが改善できなかった為、外回りの配管(マス)を確認しにいきました。

 

外回りのマスの蓋をあけると、パンパンに詰まっていて、大量のトイレットペーパーや汚物が確認できました。

パンパンに詰まっているマスの様子を見て、お客様もこんな大ごとになっているなんて思わなかった!と大変驚いてらっしゃいました。

お話をお伺いすると、こちらの家に住み始めてから10年位で1度も配管清掃などのお手入れをしたことがなかったそうです。

 

この配管(マス)の詰まりを改善するために、電動のトーラー作業をすることにしました。

業務用の強力なワイヤーで頑固な汚物や汚れを砕いて細かくして、流れていくようにします。

今回の事例は、約10年間全く配管の清掃などをしていなかったので、長年の汚れの蓄積でかなり頑固な詰まりとなっていて、かなり苦戦することとなりました。

硬くなった頑固な汚れで、なかなかワイヤーが中まで入っていきませんでした。

 

2時間位根気よく作業を続け、ようやく詰まりが抜け、配管にスムーズに水が流れるようになりました。

つまりが抜けてから、お客様に実際にきちんと詰まりが解消されたことを確認して頂く為、配管内も見て頂き、トイレからトイレットペーパーも何度か流して頂きました。

何度か繰り返し試して、全てしっかり流れていきましたので、つまり除去は完了となりました。

 

この後お客様のご希望で、高圧洗浄もすることになりました。

今まで1度も高圧洗浄(配管洗浄)をしたことがないし、この際徹底的にキレイにしたい!ということでした。

高圧洗浄は強力な水圧で、トーラーのワイヤーで取り切れなかった汚れも洗い流すことができます。

トーラー作業と高圧洗浄はセットでするとより一層キレイになりますので、とてもお薦めです。

 

全ての作業とお会計で、今回は3時間半くらいでの終了となりました。

かなり頑固な詰まりだったので、時間がかかってしまったのですが、お客様にご満足いただけて良かったです。

 

突然のトイレつまりや配管つまりのトラブルは、当店さわやか水道サービスにお任せくださいね。

是非お気軽にご相談ください。

 

水道局指定工事店

さわやか水道サービス


お急ぎの場合や0120が掛からない場合はこちら

横浜市鶴見区、保土ヶ谷区、青葉区強化中!