今回は台所つまりの事例をご紹介させていただきます。

先日、世田谷区のマンションで台所の水が流れず、シンクに水が溜まってしまう!

とのご依頼をいただき、お伺いさせて頂きました。

 

実際に台所を見たところ、シンクに溜まった水がまったく流れていない状態でした。

お客様にお伺いしたところ、前から流れが悪く、水が溢れてくることもあったけど時間がたつと流れていた。とのことでした。

しかし私が見たときは時間がたっても全く水が流れていかない状態になってしまっていました!

以前お客様が流れが悪いと感じた時から、すでに台所つまりの症状がでていたのです!

 

台所の水が流れていかない症状ですと、配水管のつまりが原因だと考えられます。

お客様は、たまに少し大きめのごみなどを流してしまった時があったかも・・・

と言っていたので、食器などを洗う時に出る洗剤残りや油汚れなどが年月をかけて配管にたまり、配管の道が狭くなってしまっていたところに異物などが挟まってしまったのかもしれません。

 

軽度のつまりでしたら薬品などで直る場合がありますが、薬品では直りそうにないと判断し、今回は業務用のワイヤーをいれて、異物、つまりを除去するトーラー作業をしました。

ごみ受け、台所の排水トラップを解体し、そこからワイヤーを入れていきます。

手前でつまっていたらすぐに流れるのですが、少し入れたくらいでは水が流れなかったため、さらに奥へと入れていきます。

ワイヤーを奥まで入れていくうちに少しずつ水が流れていきました!

一度ワイヤーを出し、確認したところ先端に油汚れの塊と細かな食材のごみなどがぎっしりと絡まっていました。

それからしばらく作業を繰り返していくと、先端に少し大きめなビニールの切れ端のようなものが絡まってきました!

これがつまりの大きな原因だったのか水はみるみる流れていきました!

 

異物は除去できましたが、さらに数回作業を繰り返し、配管にこびりついた油の塊などを除去していきます。

作業が終了したら、水を少し強めに流し確認していきます。

 

しっかりと水が流れるようになり、お客様にも一緒につまりが解消されたのを確認して頂き、作業完了です。

 

今回はお見積り、機材の準備などを含めても1時間前後で作業完了となりました!

 

台所の配水管がつまってしまいますと、油汚れや、食材のごみなどの臭いがあがってきてしまいます。

臭いが気になるようなときはすでに配水管のつまりが起こっていることが考えられます!

そこからさらに悪くなってしまうと、今回のようにまったく流れなくなってしまったり、台所の下から水が漏れてしまい、床が水浸しになってしまう事もあります!

床が水浸しになってしまい、下の階の天井から漏れてきてる!

なんてこともよくあります・・・

 

今回の事例のような台所つまりを予防する為には、まずは、台所のシンクのごみ受けをきれいに掃除することが、お客様自身でできるメンテナンス、尚且つ一番簡単な作業なのでやってみてください!

 

それでも水の流れが悪い、流してると溢れてくるなんて症状がでてしまった場合は、私たちがすぐにかけつけ、スムーズな作業でつまりを解消いたします!

是非、お気軽にお問合せくださいね。

 

キッチンつまり、トイレつまり、お風呂つまり、配水管清掃(高圧洗浄)など。

どんな症状、お悩みもお気軽にご相談ください。

 

水道局指定工事店

さわやか水道サービス


お急ぎの場合や0120が掛からない場合はこちら