毎日使うトイレが急に詰まって使えなくなってしまったら、皆さん困りますよね。

ついつい焦ってしまいがちですが、こんな時に間違った行動をとってしまうと2次災害が起きたり

後から後悔することになってしまうかもしれません。

では、突然のトイレつまり、こんな時はどうしたら良いのでしょうか?

 

今回は、トイレが詰まった時するべき行動3つ!をご紹介致しますね。

 

 

トイレが詰まった時するべき行動3つ!

1.緊急で来てくれる水道業者を呼ぶ。

2.少し様子をみてトイレ(便器)内の水位がひいていくか待ってみる。

3.市販のスッポンをしてみる。

 

 

まず1番良いのは、緊急で来てくれる水道業者を呼ぶことですね。

やはり

プロに処置してもらうのが、2次災害も防げますし1番適確な対応をしてもらえますので、安心です。

焦って

自分でトイレつまりを直そうとして、トイレ(便器)内から水が溢れ出てしまった!

床が水浸しになってしまった!なんてことが実はよくあります。

汚物や

トイレットペーパーが流れていかないと焦って

ついついもう1度流したくなってしまいますが、こちらもNG行動です。

水位があがった状態で、何度も水を流すとそれこそトイレ(便器)から水が溢れます。

焦ってしまいますが、このような場合は、1度水位がひくまで様子をみましょう。

水位がひいてもとに戻ったら、もう1度流しても溢れることはありません。

 

トイレが詰まっても、時間が経って水位がひくようでしたらまだ水の通り道が残っているということです。

ですが、やはり水位がひくまでに時間がかかるということはかなり詰まりやすい状態になっています。

できれば、プロに処置してもらって、しっかりと詰まりを解消し、水の通り道の確保をした方が良いですね。

 

 

それでも、コストの問題などでどうしても自分で直したい場合は市販のスッポンなどを使用することになります。

ですが

こちらはトイレットペーパーなどが原因の詰まりの場合のみですので注意が必要です。

何か物を落としたりして詰まった場合には

絶対にスッポンなどで押し流してはいけません。

落とした物が配管に押し流されて

今度は配管で詰まってしまいますので、もっと大惨事になってしまいます。

 

トイレ(便器)に物を落としてしまった場合には、トイレ(便器)の脱着が必要になります。

トイレ(便器)を1度取り外し、詰まりの原因の物を取り除いてから、またトイレを装着するという作業です。

トイレ(便器)の脱着となると、なかなか自分では難しく、ほとんどの人がプロにお願いすることになるでしょう。

トイレ(便器)に物は落とさないように気を付けたいですね。

 

以上、トイレが詰まったらするべき行動3つ!をご紹介させて頂きました。

 

もし、今後トイレつまりでお困りになった際は、是非当店さわやか水道サービスへご相談下さいね。

当店さわやか水道サービスは、練習を重ね厳しい研修をクリアした者のみが、現場へお伺いします。

 

~トイレつまり、水漏れ、高圧洗浄、その他どんな症状でもご相談下さい!!~

~地域密着!!特に横浜市都筑区、横浜市青葉区、川崎市宮前区など~

~その他の地域(大田区、品川区など)からもたくさんのご依頼を頂いております。

お気軽にお電話ください!!~

*出張見積もり無料*

さわやか水道サービス


お急ぎの場合や0120が掛からない場合はこちら