今回は、当店さわやか水道サービスへの依頼でとても多いトイレつまりの事例を豆知識を交えながら、お話していきたいと思います。

 

横浜市青葉区の事例

トイレをして、トイレットペーパーを流しただけで詰まった!

トイレットペーパー以外のものは流していない。

 

特に異物を落としたわけでもないのに詰まってしまうなんて

なぜ?とお思いになる方も多いと思います。

本当、普通に使っただけで詰まるなんて防ぎようもないですし

困ってしまいますよね。

 

ですが、トイレつまりが起こる時は、皆さんご自身は普通に使っているつもりでも

無意識にNG行動をしてしまっている事が多いのです。

 

それでは、無意識にしてしまう

トイレつまりの原因となるNG行動とはどんなものがあるのでしょうか?

 

主なNG行動をご紹介させていただきますね。

 

1.トイレットペーパーを多く流す

2.トイレットペーパーを硬く丸めて流す

3.多めの便を1度に流す

 

だいたい、普段通りに使ったのにトイレが詰まった!というケースでは

無意識に上記のようなNG行動をしてしまっています。

特に

1番のトイレットペーパーをたくさん(多め)流してしまうというケースが多いのですが

その原因は、皆さんトイレットペーパーは水に溶けるものだと思ってしまっているからです。

 

トイレットペーパーは、流水の勢いで(水に動かされて)溶けるのであって

動いていない水の中ではほとんど溶けません。

また、最近のトイレは昔のトイレに比べて、節水型になっている為

流水量もかなり少なくなっています。

ですので、1度に大量のトイレットペーパーを流そうとしても

うまく流れていかないですし、溶けずに便器内に残ってしまうのです。

 

 

今回の横浜市青葉区の事例の場合も、トイレットペーパーの使用量が普段よりも少し多かったとのことです。

 

 

このようなトイレつまりを防ぐには

1度にたくさんのトイレットペーパーを流さないようにすること(こまめに流す)が1番ですね。

 

特に最新型など比較的新しいトイレの場合は

流水量が少なくなっていますから(節水型になっている為)、注意が必要です。

 

 

 

今回のようなトイレつまりは、ほんの少しの注意で防ぐことができますので

是非この機会に気を付けてみてくださいね。

~トイレつまり、お風呂つまり、水漏れ、高圧洗浄など、その他どんな症状でもご相談下さい!!!~

~地域密着!!!横浜市青葉区、横浜市都筑区、川崎市宮前区など~

~その他の地域(大田区、品川区など)からもたくさんのご依頼を頂いております。

お気軽にお電話ください!!!~

****出張見積もり無料****

さわやか水道サービス


お急ぎの場合や0120が掛からない場合はこちら