よくお庭に、水道があるお宅に
つまりの修理でお伺いすることがあります。
一概にすべての原因が、今回のお話の内容と合致するわけではないのですが
結構な頻度で、つまりの原因となっているケースがあるので
お話しさせて頂きます。

お庭にある、水場の排水溝の栓って皆様どうしていますか?
常に栓をしておくと、雨水がたまってしまったり
それが原因で、カビや苔が生えてしまったりしますよね。

でもこの栓は、実は非常に大事なものなんです。

お庭の水場(水道があるところ)のつまりで
お客様宅にお邪魔すると、結構な頻度で
排水溝の中から大量の砂が、つまっていることがあります。
しかも、お客様にお話を聞くと、水道で砂を洗い流した記憶はないと言います。

ではどうして、排水溝の中に砂が入ってしまったのでしょうか?

結論からお話しすると
風によって巻き上げられた細かい砂が、気づかないうちに排水溝に
たまってしまっている可能性が、非常に多くなっております。

察しの良い方ですと、何が言いたいか想像がついていると思いますが
これを防ぐのが、水道の栓になります。
ただ水をためるという、用途ももちろんありますが
つまりの原因となる、様々なものの侵入を防ぐ効果も実はあります。

もちろん定期的に、たまった雨水などを流す作業も必要となってきますが
背に腹は、変えられないのではないでしょうか?

あくまでも一例になりますが、参考になれば幸いです。

 

 

いつもブログを読んで頂きありがとうございます

トイレ,キッチンのつまり,水道工事,水道修理,水漏れ修理

水漏れなど水のトラブルは

水道局指定工事店のさわやか水道サービスにお任せください!

横浜(青葉区・鶴見区・都筑区など)・東京(大田区、世田谷区など)・練馬エリアにも対応。

[TEL]0120-546-270へお気軽にお問い合わせください。

 


お急ぎの場合や0120が掛からない場合はこちら