便器のフタは、なぜついているのか?

9月の終わりにトイレつまりの修理に川崎のお客様宅にお伺いした際にこんなことを聞かれました。
便器にはなんでフタがついているのですか?』皆様は便器のフタの存在意義をご存知ですか?

諸説ありその一部になりますが
答えになります。

まずは目で見たとき衛生的に見えるという視覚的な所。
それと、大便をしたときに使用するためというのが、私は1番大切なのではと思います。
大便を流すときの水流によって便に付着しているウィルスや細菌が空気中にまき散らされているというのです。
その拡散を防ぐために便器にはフタがついているのです。
知らなかった方は是非、トイレを流す際にはふたを閉めて流すようにしてください。

最後になりますが
実はこの情報のソースは、TVで見たものになります。
私も初めて見た時なるほど!と思ったので
川崎のお客様と皆様にお伝えさせて頂きました。
なるほど!と思って頂けましたらとてもうれしいです。
それでは今後ともさわやか水道サービスのブログ見て頂けるとうれしいです。

 

いつもブログを読んで頂きありがとうございます

トイレ・キッチンのつまり、水漏れなど水のトラブルは

水道局指定工事店のさわやか水道サービスにお任せください!

横浜(青葉区・鶴見区など)・東京(大田区、世田谷区など)にも対応。

[TEL]0120-546-270へお気軽にお問い合わせください。

 

 


お急ぎの場合や0120が掛からない場合はこちら