今回は、横浜市鶴見区の戸建て住宅のオーナー様からの依頼をご紹介します。

 

入居者様が自分で新しい水栓蛇口に交換したところ、壁からの接続部分からとシンク下から水漏れしてしまったようだ。

水栓蛇口を取り付ける際に、角度を調節する為にパッキン部分をいじったので、緩んでしまったのかもしれない。

 

上記のような症状で実際に当店さわやか水道サービスのスタッフがお伺いさせて頂くと、壁付タイプの水栓蛇口だったのですが、お客様からお伺いしていたとおり、壁と蛇口の接続部分から水漏れしていて、そこからシンク下にも水が伝っていっているようでした。

おそらく、ご自身で水栓蛇口を取付けされる際に、本来と逆の方向に取付パーツを回してしまった(戻してしまった)ことが原因だと思われます。

 

 

今回のようなケースは、間違った施工をしてしまっていますので、1度取り付けた水栓蛇口を取り外して、もう1度取り付けをし直す必要があります。

 

今回の事例のように、ご自分で水栓蛇口を取りつけされる方がたまにいらっしゃるのですが、水漏れを起こしてしまったり、配管を折ってしまったりといったケースが少なくありません。(特に壁付の水栓蛇口はリスクが高く、注意が必要です。)

酷いケースですと、水が噴き出してしまったりと、緊急を要する大惨事になってしまう場合もあります。

 

水栓蛇口の交換や修理はやはり、知識と作業経験の豊富なプロに任せるのが賢明です。

一見簡単そうな作業に見えても、少しズレたりすれば水が漏れることもありますし、長年使った古い水栓蛇口などですと、硬くなり取り外しも難しく、力加減ややり方を間違うと他の部分を破損してしまったりと、たくさんのリスクがあります

大惨事になれば、水栓蛇口の取付作業の工賃以上にコストがかかってしまいますし、時間も無駄にしてしまいます。

最初から、プロに頼んでおけば良かった~!と後悔しない為にも、むやみに自分でいじるのではなく信頼できる水道業者に依頼をしましょう。

いざという時に慌てないためにも、あらかじめ何かあったら頼れる水道業者を見つけておくと良いですね。

 

今回の作業時間は、お会計まで含めだいたい1時間位となりました。

水栓蛇口の施工が終わってから、お客様にも水漏れが解消され問題なく水が使えることを確認して頂き、水漏れでビショビショになっていたシンク下なども拭き取らせて頂いてから完工となりました。

 

最近、横浜市鶴見区、旭区、保土ヶ谷区などからの依頼を多く頂いております。

ビルやマンション、アパートなどオーナー様からのご依頼も多いです。

築年数の長い物件では、水漏れやつまりのリスクが高くなります。大きなトラブルになる前にお早めに水周りの点検を行うと良いですね。

 

当店さわやか水道サービスでも水周りの無料点検をおこなっています。

相談も無料です。

是非、お気軽にご相談くださいね。

 

水道局指定工事店

さわやか水道サービス


お急ぎの場合や0120が掛からない場合はこちら