突然、トイレがつまって使えなくなってしまったら…

トイレは毎日必ず使用するモノですし、困りますよね。

トイレつまりは急に起こる突発的なものだと思われがちですが

実は前兆がある場合も多いのです。

もちろん、トイレットペーパーを流し過ぎてしまったり

異物を便器内に落としてしまったり、突発的なトイレつまりもあります。

ですが、意外とトイレつまりの前兆があるのに関わらず

見逃してしまって詰まってしまった!というケースも多いのです。

 

そこで今回は是非、皆様にも気を付けて頂きたい

トイレつまりの前兆3つ!をお話したいと思います。

 

1. トイレの水の流れが弱い

流水時の水の量が少ない(弱い)のは

トイレ内の部品の劣化や故障が原因の可能性が高いです。

そのままにしておくと、普段と同じ位の量の便や

トイレットペーパーの使用量でも流れて行かず、詰まってしまう可能性があります。

放置せず、早めに水道業者を呼んで対応してもらいましょう。

詰まってしまってからでは、詰まり除去料金+部品の修理料金となりますので

コストも余分にかかってしまいます。

 

2. 流水時に異音がする

この場合は、配管のどこかに誤って流した異物が残っていたり、詰まっていたり

水の通り道が狭くなっている可能性があります。

こちらも

放置しておくといつか完全に詰まって水が流れていかなくなり

便器から溢れる可能性もあります

そうなってしまったら、大惨事ですね。

最近、変な音がするかも!と思ったら、すぐに水道業者に調査をしてもらいましょう。

 

3. 便器内の水の水位が高い

こちらは、もう詰まってしまっている状態ですね。

時間が経つとゆっくり水位がひいていくようなら

少し隙間がありますが全く水位がひかないようなら

完全に詰まってしまっています。

時間が経てば水位はひいていくようでも

いつ完全に詰まるか分かりませんので

こちらの場合もなるべく早めに水道業者に見てもらいましょう。

 

まとめ

なんとか使えてるからまだいいか〜とついつい

そのままにしてしまいがちなケースもあるかと思いますが

いつ本当に詰まったり漏れたりしてしまうか分かりません。

そうなってしまってからでは、コストも時間も余分にかかってしまいますので

是非このようなトイレつまりの前兆に気付いたら、早めに対処をお願い致します。

当店でも無料で出張、見積りをしていますので、是非お気軽にお電話下さいね。

 

 

~トイレつまり、水漏れ、その他どんな症状でもご相談下さい!!~

~地域密着!!特に横浜市都筑区、横浜市青葉区、川崎市宮前区など~

~その他の地域(大田区、品川区など)からもたくさんのご依頼を頂いております。

お気軽にお電話ください!!~

さわやか水道サービス


お急ぎの場合や0120が掛からない場合はこちら