前回は、トイレのリフォーム(トイレ交換)時に知っておくべき2つのこと!についてお話しました。

 

トイレのリフォームをお考えになったら!知っておくべき2つのこと!!

1、ご使用のトイレの排水タイプ(床排水か壁排水か?)

2、トイレの便器の種類

 

 

今回は、さらに、このトイレの便器の種類について詳しく解説させて頂きます!!

トイレの便器の種類は、大きく分けて3つの種類があります。

1、タンク式トイレ

2、タンクレストイレ

3、システムトイレ

 

 

それでは!それぞれの特徴やメリット、デメリットなどについて順番に解説していきますね。

 1、タンク式トイレ

タンク、便座、便器を組み合わせたもので、組み合わせトイレともいいます。

一番一般的なもので、おそらくほとんどの方がトイレと言えばこちらをイメージすると思います。

メリット

(1)どこかが壊れた時に、部分修理ができる。

(2)好きなウォシュレットを選べる。

(3)タンクレスに比べて商品の値段が比較的安い。

デメリット

(1)タンクと便器の間に少しすき間がある。(掃除をしにくいと感じる場合がある。)

*一部のタンク式トイレは、ウォシュレット一体型になっており、

部分修理できないものもありますので、事前によくチェックしておきましょう。

 

 

 

 

2、タンクレストイレ

タンクがないので、省スペースで、スタイリッシュです。

トイレのスペースが広くなります。

メリット

(1)省スペースなので、トイレスペースが広くなる。

(2)スタイリッシュでオシャレ。

(3)流水量が少なく、かなり節水できる。

デメリット

(1)タンク式トイレに比べて、商品の値段が比較的高い。

(2)水圧が低めのところだと、取付出来ない場合がある。(水の流れが弱すぎてしまう為。)

 

 

 

3、システムトイレ

トイレ空間に棚やカウンターを作りたい!などインテリアにこだわる人におすすめです。

一般的に収納スペースを作ったり、手洗い台をトイレとは別に作ったり、セミオーダーとなります。

メリット

(1)自分の理想なトイレ空間ができる。(収納キャビネットを作ったり)

デメリット

(1)トイレ本体以外のリフォームもするので、コストがかかる。

(2)商品や設置スペースを決めたりと準備があるので、急なリフォームは難しい。

 

 

 

それぞれのトイレの特徴、なんとなくお分かり頂けたでしょうか?

トイレリフォームの際はよくご検討されて、ご自分の理想に合ったトイレリフォームができると良いですね。

~トイレのリフォーム、その他どんなことでもご相談下さい!!~

~地域密着!!特に横浜市都筑区、横浜市青葉区、川崎市宮前区など~

~その他の地域(大田区、品川区など)からもたくさんのご依頼を頂いております。

お気軽にお電話ください!!~

さわやか水道サービス


お急ぎの場合や0120が掛からない場合はこちら