突然のトイレつまり、トイレは毎日使いますし、生活には絶対欠かせないものなだけに

ついつい冷静さを失ってしまいそうですよね。

ですが、そんな時にやってはいけない行動があります!

今回は、突然のトイレつまりの時、やってはいけない行動2つ!

をお伝えしたいと思います。

 

⑴つまっている物を奥に押し込んでしまう。

トイレつまりが起きた時、まず初めに思いつくのがラバーカップ(スッポン)などの使用だと思いますが

こちらが意外と落とし穴になってしまう事もあるのです

詰まったものが、トイレットペーパーのみの場合などは

市販のラバーカップ(スッポン)などでも直る場合もありますが

大量のトイレットペーパーなどは、ラバーカップ(スッポン)などで

何度も押すことにより強く固まってしまい

より水に溶けにくく、流れにくい状況になってしまうこともあるのです

 

また固形の異物を落としてしまった時も、絶対に中に押し込んではいけません。

落とした異物が配管までいってしまったり、届かない位置までいってしまい

トイレ(便器)の取り外しまで必要になってしまうケースもよくあります。

ですので、ご自身での対処でより大ごとにしてしまうより

出来ればプロを呼んで見てもらうのが一番ですね。

また、費用などが心配な方は

当店のような出張見積り完全無料の業者を利用するのが安心ですね。

 

⑵トイレ(便器)の中にお湯を流し入れる!

固い便や、トイレットペーパーで詰まってしまった場合、熱いお湯を流し入れて溶かしたい!

詰まりを解消したい!という心理になってしまいますが、こちらも間違った行動です

トイレ(便器)は陶器ですから急に熱いお湯に触れてしまうと割れてしまったり

ヒビが入ってしまう事もあります

そうなってしまうと、床も水浸しになりますし、大損害ですね。

ですので、こちらもご自身でやられるにはお勧めできない行動となります。

 

トイレつまりも色々なケースや症例がありますが、共通して言えるのはやはり

出来ればプロを呼んだ方が良い!という事ですね。

毎日色々なトイレのトラブルを解決しているプロならば

状況にあった良い方法でトイレつまりも解決してくれますね。

今にも溢れ出しそうなトイレの中を見てパニックになってしまうかもしれませんが

まずは落ち着いて安心できる水道業者に相談してみましょう。

 

~トイレつまり、水漏れ、その他どんな症状でもご相談下さい!!~

~地域密着!!特に横浜市都筑区、横浜市青葉区、川崎市宮前区など~

~その他の地域(大田区、品川区など)からもたくさんのご依頼を頂いております。

お気軽にお電話ください!!~

さわやか水道サービス


お急ぎの場合や0120が掛からない場合はこちら